身になる法律

要件と条件の違いとは?|頭んなかのたとえば・・

マッコ先生

みなさんこんにちはー
今回は頭んなかくんと「条件と要件の違い」について解説したいと思います!

頭んなかくん

よろしくお願いしますー!

くじらおくん

法律の勉強中に要件とか条件ってたまにみるけど
あまり深く考えてこなかったよー

頭んなかくん

「条件と要件の違いについて」
この機会に覚えよー!

マッコ先生

それでは、肩肘はらずにゆるりといきますヨ!

条件とは

くじらおくん

条件はよく使うかも!
“パーティーの参加条件は仮装してくること”とか

頭んなかくん

広く一般的には契約などにも使われているよ!

くじらおくん

法律行為の方はなんだか難しいねー

頭んなかくん

{頭んなかくん解説}

条件とは、まだ発生することが決まっていない将来の事実に対する決めごとのような感じです。

その条件が成就したとき法的な効力が発生する“停止条件”といわれるものと、その条件が成就したときに法的な効力が消滅する“解除条件”の2種類があります。

例えば「工事が開始されたら通行止めにする」、「雨だったら計画は実行しない」などです。
工事をすることは現時点でまだ決まっていない(不確実)なこと。そんな不確実な将来に対する決めごと=条件ということです。

要件とは

くじらおくん

絶対必要なことって感じだねー

頭んなかくん

{頭んなかくん解説}

そうです。
要件とはそのものの成立に必須なことです。
例えば、「受験資格は15歳以上が要件」
などです。

受験できるのは15歳以上であることが欠かせないってことだね

頭んなかくん

{頭んなかくん解説}

他にも法律でもよく使われます。
ある法律行為に必要とされる前提条件です。
例えば、「時効が成立するためにはいくつかの要件がある」などです。

条件と要件の違い

くじらおくん

なんか条件も要件も同じような感じだねー

頭んなかくん

{頭んなかくん解説}

そうです!
条件も要件も物事を成立させるために必要な事柄という点で同じです。
異なるところは要件には物事を成立させるために欠かくことができないこと”となっているところです。

くじらおくん

要件は絶対に必要なことってことかー

頭んなかくん

そういうこと!

まとめ

マッコ先生

いかがだったでしょうか?
今回は要件と条件について解説しました
最後にもう一度内容を確認しましょう!

要件とは物事を成立させるために欠かすことができない必要なこと。

条件とは物事の成立に必要なこと。
法律行為においては発生が不確実な将来の事実に対する意思表示で停止条件と解除条件の2種類がある。
停止条件→不確実な将来の事実が成就するまでは法律効果は停止される
解除条件→不確実な将来の事実が成就すると法律効果が消滅する。

要件は”欠かすことのできない必要なこと”という点で条件と異なる