せんごく♦六法

戦国武将から考える赤ちゃんの名前|現代と戦国時代の名づけのルールも解説|戸籍法

自分の子供にはしっかりとした由来の名前を付けたいものですが、どのように名づけたらよいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

命名の本を読んだり、漢字の画数を調べたりと参考にできることはたくさんあります。

その中で私がおすすめしたいのは歴史に残る戦国武将の名前を参考にしてみることです。

まったく同じ名前でなくても、漢字の一部を使うなど候補に入れてみてはいかがでしょうか。

古風で流行に左右されない名前になると思います。

今回は、名前をつけるうえで大切な名づけのルールとともに、ぜひ参考にしていただきたい戦国武将の名前をご紹介します。

現代の名づけのルール

灯りがつきはじめる東京駅丸の内口の写真

まずは現代の名づけについてみてみましょう。

現代では生まれてきた赤ちゃんに名前をつける場合、大まかですがルールがあります。

そのルールについて定めてあるのが「戸籍法」です。

戸籍法には次のように定めてあります。

<第50条>
 子の名には常用平易な文字を用いなければならない。

2 常用平易な文字の範囲は法務省令でこれを定める。

「常用平易な文字」とは?

(1) 常用漢字2136字
(2) 戸籍法施行規則別表に掲げられた漢字
(3) 平仮名又は片仮名

つまり「常用平易な文字」を使えば、あとは特にこうしなければならないというルールはないのです。

そのため日本の法律では、人の命名に関してかなり自由に認められているといえます。

ただし、自由だからと言って名前が難解だったり卑猥だったりと「常識を大きく逸脱するような名前」の場合、役所は出生届を拒否することもできます。

実際に、男の子に「悪魔」と命名する出生届が拒否され、裁判で争った事件もありました。(裁判所は命名権の乱用として役所の拒否は適正であると判断)

現代には上記のような命名に関するルールが存在しますが、戦国時代ではどうだったのでしょうか。

戦国時代の名づけのルール

薄い雲の流れと熊本城天守閣(熊本県熊本市)の写真

戦国武将の名前はとても複雑で、生まれてから元服→出世→出家などにより名前が変化していきます。

まず生まれてからつけられる名前を「幼名(ようみょう)」といいます。

一般的には、成人にあたる元服までこの幼名が使われます。

次に元服すると「諱(いみな)」が与えられます。

今でいう名前(実名、本名)のことです。

諱は「忌み名」という意味合いを持っており、親など親しい人を除いて諱を呼ぶことは、とても失礼にあたるとされていました。

そのため戦国武将は、諱の代わりに普段呼んでもよい名前「仮名(けみょう)」を持っていたのです。

たとえば織田信長なら「三郎」、豊臣秀吉なら「藤吉郎」、明智光秀なら「十兵衛」が仮名になります。

このように戦国武将の名前は年代とともに変化していきますが、その名前のつけ方にはなにかルールが存在したのでしょうか。

そもそも戦国時代は現代のように法律が整備されていませんでした。

そのため名づけに関する明確な法律はありませんが、習わしやしきたりと言った古くから受け継がれてきた慣習のようなものが存在しました。

たとえば「」には

基本的に漢字2文字で構成 
一族で代々使っている文字や主 
 君から賜った文字を1字入れる

などの名づけのルールが存在しました。

また「仮名」にも

生まれた順につける
(長男なら一郎、次男なら二郎)

というある程度の約束事がありました。

しかし、幼名にはすこし複雑な事情があります。

現在では想像しにくいのですが、当時は病で幼少期に命を落とす者が多くいました。

そのため何よりも子どもの健康が望まれ子供の名前には

長寿を願う(竹千代=徳川家康)
逞しく育つように(梵天丸=伊達政宗)

といった思いが込められていました。

特に豊臣秀吉の名づけ方は特徴的で、53歳という高齢で初めての子どもを授かったこともあり「捨て子はよく育つ」という民間の信仰に従い「棄(すて)」、次男には逆の「拾(ひろい)」と名付けました。

以上のように「諱」や「仮名」と違い、子供の最初の名前である「幼名」だけは、親が自身の願いを込めたり工夫を働かせて考えていたことがうかがえます。

戦国武将から考える赤ちゃんの名前

指を咥える新生児の写真

これまで現代の名づけに関するルールや戦国時代の名前のつけ方などを見てきました。

ここからは子どもの名前を付ける際に参考にできる戦国時代の大名や武将、文化人の名前を紹介していきます。五十音順の一覧にしています。

漢字がもつ意味、文字が組み合わさったときの音の響きやイメージを感じながら見てみてください。

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行

あ行

名前読み方
稲葉一鉄いってつ
北条氏政うじまさ
北条氏康うじやす
高山右近うこん
狩野永徳えいとく
小堀遠州えんしゅう
古田織部おりべ

か行

名前読み方
山内一豊かずとよ
滝川一益かずます
上杉景勝かげかつ
片倉景綱かげつな
蒲生賢秀かたひで
柴田勝家かついえ
武田勝頼かつより
直江兼続かねつぐ
吉田兼見かねみ
山本勘助かんすけ
加藤清正きよまさ
前田慶次けいじ
上杉謙信けんしん
前田玄以げんい

さ行

名前読み方
可児才蔵さいぞう
近衛前久さきひさ
島 左近さこん
村井貞勝さだかつ
高橋紹運じょううん
西笑承兌じゅうたい
快川紹喜じょうき
本荘繁長しげなが
武田信玄しんげん
北条早雲そううん
今井宗久そうきゅう
俵屋宗達そうたつ
大友宗麟そうりん

た行

名前読み方
本田忠勝ただかつ
朝倉孝景たかかげ
京極高次たかつぐ
藤堂高虎たかとら
津軽為信ためのぶ
斎藤龍興たつおき
池田恒興つねおき
長 連龍つらたつ
池田輝政てるまさ
伊達輝宗てつむね
毛利輝元もとなり
斎藤道三どうさん
大田道灌どうかん
前田利家としいえ
飯富虎昌とらまさ

な行

名前読み方
井伊直虎なおとら
井伊直政なおまさ
金森長近ながちか
別所長治ながはる
丹羽長秀ながひで
黒田長政ながまさ
織田長益ながまさ
三好長慶ながよし
佐々成政なりまさ
真田信繁のぶしげ
織田信包のぶかね
織田信忠のぶただ
武田信虎のぶとら
馬場信春のぶはる
松平信康のぶやす
真田信之のぶゆき

は行

名前読み方
陶 晴賢はるかた
尼子晴久はるひさ
服部半蔵はんぞう
松永久秀ひさひで
堀 秀政ひでまさ
豊臣秀次ひでつぐ
豊臣秀長ひでなが
仙石久秀ひさひで
豊臣秀吉ひでよし
細川藤孝ふじたか
氏家卜全ぼくぜん

ま行

名前読み方
山県昌影まさかげ
雑賀孫一まごいち
中井正清まさきよ
本田正信まさのぶ
福島正則まさのり
伊達政宗まさむね
小寺政職まさとも
真田昌幸まさゆき
石田三成みつなり
明智光秀みつひで
宮本武蔵むさし
立花宗茂むねしげ
柳生宗矩むねのり
清水宗治むねはる
荒木村重むらしげ
鳥居元忠もとただ
毛利元就もとなり
吉川元春もとはる
相馬盛胤もりたね
安藤守就もりなり

や行

名前読み方
武井夕庵ゆうあん
村井有閑ゆうかん
小西行長ゆきなが
脇坂安治やすはる
榊原康政やすまさ
足利義昭よしあき
最上義光よしあき
朝倉義景よしかげ
村上義清よしきよ
九鬼義隆よしたか
斎藤義龍よしたつ
大谷吉継よしつぐ
足利義輝よしてる
大友義統よしむね
島津義久よしひさ
島津義弘よしひろ
今川義元よしもと

ら行

          名前         読み方
森 蘭丸らんまる
角倉了以りょうい

いかがだったでしょうか。

なにか参考にできる名前はありましたか?

ここまで戦国時代の名前を紹介してきましたが、武将によっては寝返ったり裏切ったりした経緯をもつ人物もいます。

そのため戦国武将を由来にして名付けるときは、その人物がどのようなことを行ってきたかも含めて調べることが大切です。

まとめ

現代の名づけのルールから戦国時代の名づけの慣習、参考にできる戦国武将の名前を紹介してきました。

赤ちゃんの名づけは親から子供への一番最初のプレゼントです。

赤ちゃんが実り多い幸せな人生となるように、しっかりとした由来を考え、たくましい子供に成長するよう願いながら、素敵な名前を考えてあげてください。