相続

あえて「相続をしない」という選択肢|相続放棄・限定承認 

人が亡くなると相続が発生します。

たとえ亡くなったことを相続人が知らなかったとしても相続は発生します。

相続人となった人は、相続をするのかしないのかを選択することができます。
ただし自分が相続人になったことを知った時から3か月以内と期限が定められています。

くじらおくん

3カ月以内に選択しなければならないんですね

この3か月の間に、何もしなければ単純承認といって、プラスの財産もマイナスの財産(借金)も、すべてを相続すると決めたことになるので注意が必要です。

マッコ先生

何もしなければ・・
亡くなられた方に借金がある場合、その借金も相続することになります

相続放棄と限定承認

単純承認以外には相続放棄限定承認といった選択肢もあります。

相続放棄は財産を全く相続しないことです。

相続放棄をすると、初めから相続人ではなかったことになり、放棄をした人の子も代襲相続をすることはできません。

限定承認は相続によって得たプラスの財産の限度でマイナスの財産を相続することです。

ようするにプラスの財産で借金を払い、プラスの財産が余ればそれを相続できる、もしプラスの財産でも借金を払いきれなかった場合は残った借金を相続しなくてもよいということです。

また限定承認は相続人全員で行わなければなりません。相続人が1人でも反対した場合は限定承認をすることができません。

それではどういったときに相続放棄を選択すればいいのでしょうか?

相続放棄という選択

相続放棄は財産を一切相続しません

財産を一切相続しないなんて、いっけんもったいない気もしますが、プラスの財産よりマイナスの財産が多い状態、つまり債務超過の状態では財産が残らないうえに、亡くなった方の借金を返済していかなければなりません

そこで相続放棄をすると、財産を相続することはできなくなりますが同時に借金を背負う必要もなくなります。

亡くなった方の財産が債務超過の状態であるならば相続放棄をして、あえて「相続をしない」という選択が良い方法となるのではないでしょうか。

相続放棄をすべきかどうか

相続放棄をする、しないの前に、まず亡くなった方の遺産の中に借金があるのか、あるとすればどれくらいの借金があるのかを調べる必要があります。

それがわからなければ相続をした方がいいのか、相続放棄をした方がいいのか選択できません。

まず消費者金融などから被相続人宛に借金返済の催促状が届いていないかを確認します。届いていれば、そこから借り入れ状況を確認することができます。

次に金融機関からの借り入れならば、毎月の返済日に口座から引き落としされていることも多いので、被相続人の保有しているすべての通帳を確認するようにしましょう。

被相続人が亡くなってしまってから借金の有無を調べるのには、手間がかかってしまうため、生きている間に確認しておくことをおすすめします。

また借金の有無を調べるだけではなく、相続する財産の価値を調べることも難しいため相続財産調査の専門家に依頼することも検討すべきです。

相続放棄の期限

相続放棄の期限は原則、自分が相続人になったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所に対して届出をする必要があります。

この期間内に何もしなければ単純承認をしたことになります。

相続放棄は一度選択すると、あとから取り消すことができないため期間は3か月しかありませんが、じっくり考えて選択することが大切です。

まとめ

相続が発生したら、自分が相続人になったことを知った時から3か月以内に相続放棄をするのか、限定承認をするのか選択しなければなりません。
何も選択しなければ単純承認となります。

相続はいつ発生するかわかりません。

発生してからでは3か月という短い期間に、借金の有無、財産はいくらになるのかなどを調べ、それにより相続放棄や限定承認をするのかしないのか選択しなければなりません。

相続人の負担が少しでも軽くなるように、日ごろからご家族とのコミュニケーションを大切にし、将来について話し合ってみてはいかがでしょうか。